体験談メニュー

タイトル

私の異常な体験談 2

2019-06-15 04:55:40

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1)

福岡県/りんこさん(40代)からの投稿

夜が明けてきていた。少年達は満足したのか全員が動かなくなっていた。私は下着と衣服を探し出し着て静かに車の外に出た。

ドアを閉めようとした時に茶髪の少年が「おばさん、気持ち良かったよ。」と手を振った。私は少しだけ笑みを浮かべて車を離れた。

自宅に帰りシャワーを浴びてソファーに寝そべった。

夫は出張で帰りは夕方だった。

頭が冴えていた。あの少年達は今、車の中で寝ているはずだ。警察を呼べば全員逮捕される。

しかし、私の恥も晒す事になる。私は警察に訴える気はなかった。考えてみたら、暴力は一回も受けてない。お金も取られていない。数時間に渡り犯されたが、それ以外に何も要求させてれていないのだ。

私もずいぶんいい思いをした。

実際、私は途中から不思議と恐怖感を感じなかった。むしろ少年達と楽しんでいる自分がいた。

自分の恥ずかしい部分を、ここまでさらけ出した事はなかった。

とことん犯される事で気持ちが吹っ切れていたのだ。

少年達のぺニスの感覚を想いだすと、自然と濡れてきた。3人とも固くて太い立派なぺニスだった。夫の2倍近くあったかもしれない。

身体は極限に疲れていたが、性欲が異様に高ぶっていた。

私は自慰を始めた。あそこを触りながら、ついさっきのあの少年達との時間を想いだしていた。

夫には悪いが、真面目一辺倒の銀行員からは、到底味わえない刺激だった。

少年達の目の前で股を開き、あそこをさらけだした。少年達は、指を広げて中まで覗いた。見られる快感で脳が焼けそうだった。そして少年は私のあそこを見ながら勃起し代わる代わる挿入し射精したのだった。今日はたまたま安全日だったので妊娠の心配もなかったのが幸いだった。

私はまだまだ女として通用する事も嬉しかった。

夫以外の男性との経験がなかったのに、いっきに三人と経験していた。

私はすぐに絶頂を迎えていた。

出張の夫が帰ってきた。

夫は55歳。真面目すぎるエリートだった。夕食を食べ終えると珍しく「これ見ようか?」とDVDを取り出した。アダルト物とすぐ分かった。最近は時々、二人で見ながら刺激をもらっていた。

ベッドに寝そべりながら見ていた。偶然にも一人の女性が複数の男性からレイプされながらも最後は自分から求めて行く内容だった。

私は自分を見ているよだった。異様に興奮していた。少年達に犯された時間が脳裏に焼き付いていた。

「君も知らぬ男達に、こんなにされたら感じるかい?」夫が聞いた。「まさか、、」そう答えるのが精一杯だった。

夫が求めてきた。私は乱れに乱れた。夫も珍しく興奮して、荒々しく挿入してきた。「君も犯されたいかい?」

夫の目が燃えていた。「犯されたいわ」「知らぬ男達とやりたいのか?」「そうよ、犯されたいわ」

言葉遊びではなかった。本心だった。

しばらく突くと夫は「いく~」と声を出し射精した。

私はまだまだ物足りないなかった。私は少年達との時間を想いだしていた。

一人は上半身を起こされた私の舌を執拗に吸った。私も吸い返した。一人は後ろから両方の乳首を指で弄った。身体が痺れた。一人は開いた股に、顔を埋めてクリトリスを舐めた。

余りにも強烈な快感だった。「おばさん、最高だよ~」少年の声が甦った。

後ろから突かれながら固くて太いぺニスを丁寧に舐めあげてあげた。

夫はイビキをかいて寝ていた。私は夫の横で自慰を始めた。

続く。

この話の続き

私の異常な体験談 3

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]


Online porn video at mobile phone