体験談メニュー

タイトル

従姉は爆乳女子K生で爆乳友達と海に行く

2019-06-04 01:42:35

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/2)

奈良県/僕のあそこは中◯生チャンピオンさん(10代)からの投稿

夏休みに入って、従姉が海に行く話をしてきた。

従姉「真姫」

「ひろき」です。

電話がなる!プルルルプルルル。

従姉「ね~今度の日曜日予定ある?」

「いや~全然予定ないから部屋でゴロゴロかな?」

従姉「あ~する事ないから、真っ裸でエロ動画見てシコシコかぁ~」

「違うじゃん!そんな事言ってないし」

従姉「シコシコのおかずは、私の爆乳かな?」

「だから、従姉ぢゃないし~」

従姉「私じゃなくて、誰かでシコシコするんだ(笑)バレバレ」

「で何?オナの話がしたいわけじゃないでしょう?」

従姉「そうそう!日曜日に海に行くつもりなんだけど、荷物持ち兼場所と荷物の見張り番で、一緒に海来ないかな~って?お誘いなんだけど、シコシコが忙しいなら、別にいいよ~」

「そんな事しないし、海に行くなら、僕も連れてってよ~」

従姉「はは~さては私や友達の爆乳ビキニが見たいから、ついて来て、帰ったら早速思いだしシコシコするのね~」

「違うよ~荷物の番が大切だから、従姉のお願いを聞くんだよ~」

従姉「またまた、今股間膨らんでますけど?」

「えっ?て、電話で僕が今どんな姿か見えないでしょう!」

従姉「わかるわよ~真っ裸でちんがビンビンに硬くなって、右手がビンビンのちん触ってるのが(笑)」

「マジ😲⁉️何で見えるの?まさか玄関にいるとか!」

従姉「玄関に居るんなら、わざわざ電話しないでしょう!」

「だね(笑)友達って何ちゃん?」

従姉「まだ会った事ない友達だけど!かなりのおっぱい好きなあんたには、タイプかもね!(笑)」

「マジ!行く行く!」

従姉「行く行くって、ちん触ってるから、そっちじゃないでしょうね~?」

「違うよ~海に行くだよ」

従姉「ふ~ん、そう」

「なんだよ~疑って~」

従姉「まあいいわ、じゃ日曜日の朝6時に迎えに行くから!」

「へぇ?早いよ~」

従姉「文句言わない!なら連れて行かないわよ」

「やだやだ!行くから」

電話わ切れ、妄想と股間がまた膨らむ(笑)

そして日曜日、いつもなら朝は起きられないが、なぜか今日はすっきり!と言うより、前日から興奮して寝られなかったのだ!

ピンポーン!

「は~い」

Tシャツにミニスカートの真姫がいる!

従姉「お~エロガキ~ちん膨らまして今日を待ってたかな~(笑)」

「いきなりなんだよ~(泣)親に聞こえるだろう!」

従姉「あはは、真実だから仕方ないんですけど~」

「も~(泣)って、どうやってきたの?こんな早い時間に」

従姉「友達運転免許持ってるから、友達に乗せて来てもらったのよ!」

「車なんだ!すごいね~」

従姉「でも、初心者マークつけてる、取り立ての運転だけどね」

「そうなんだ…」

従姉「何不安になってるの?早く行くわよ」

「準備は出来てるよ」

従姉「さあ出発~」

「この車?」

従姉「そうだよ、軽自動車です充分だからね」

「そうだね!おはようございます。はじめまして、ひろきです」

おはよう!あなたが有名なエロ厨房のひろ君ね!

「真姫姉がまた変な事吹き込んだんですね~」

従姉「真実でしょ!今だって、かなり股間の膨らみが気になりますけど!何か股間に入れてるの?」

「そんなわけないし~真姫のTシャツの膨らみ見たら、男なら誰でもカチカチに硬くするよ~」

従姉「も~人のせいにして、悪い子」

「真姫姉がエロいからだし~って、お友達の名前は~?聞いてないし」

従姉「あっそうだね!まだ言ってなかったね!友達は舞」

「爆乳舞で~す!(笑)」

「…」

従姉「も~そんな事言ったら、エロガキがおっぱい触ってきたり、見に来るから気をつけなさいよ~」

「あはは、そんなにおっぱい見たいんだ?なら、真姫に内緒で見せてあげようかな?(爆)」

「本当に!わ~い」

従姉「舞そんな事言ったら、本当に見せる羽目になるわよ!見てご覧、このエロガキの目がキラキラしてるでしょう!」

「あっ本当だ~なんか視線が恐い(笑)」

「あはは冗談だってわかってるので、聞き流してますよ」

従姉「さあ行くわよ~」

車は出発し、高速は走らず(まだ慣れていないから)目的地の海へ。

全国的には有名ではないけど、近くの地域ではよく行く海岸に。

車を止めシートと荷物をおろす。

ひろ君この荷物とシート持って、私達はジュースとかお弁当持って行くから。

砂浜に着くとシートを広げて、いろいろな荷物をシートの上に並べて僕は寝転ぶ。

従姉「さぁ~泳ぐわよ~」

「そうだね!早く泳がないと、焼けちゃうもんね」

「早いよ~まだまだ時間あるじゃん?」

従姉「ひろ君眠いなら場所取りの目的で、ここに居て欲しいから、寝てていいよ」

「うん!眠いかな!目を開いて二人を見ている」

するといきなり、二人は着替えを初める。

着替えと言っても、従姉はTシャツとミニスカートの下にビキニの水着を着ていて、舞さんは、キャミソールで短パンですが、その下にはやはり、ビキニの水着を着ていました。

「うわ~」

従姉はTシャツを脱ぐと、爆乳を隠しきれない程の黒ビキニが登場。

従姉のおっぱいは、ぷるぷると揺れて、ビキニからこぼれ落ちそうに!

舞さんはキャミソールをその場で脱ぎ捨てる。

舞さんのおっぱいはすごく大きく、本当に爆乳と言えちゃう大きさ。

花柄のピンクビキニで、舞さんのおっぱいも、これまたビキニからこんにちは!と言っているように、窮屈なビキニの中で谷間が出来て、少し動くだけでもかなり揺れる。

そして短パンを脱ぐ時、少し水着に指が引っかかったのか?お尻が半分露になる。

それを従姉が手で直してあげて数秒の出来事だが、すごく長く感じた。

胸の谷間がまぶしい二人は、僕に泳いでくるから、場所番頼むわよ~と、走って海に。

後ろ姿だけど、かなりおっぱいは揺れ揺れだったに違いない。

そんな事を考えて水着を膨らましている僕は、従姉達のTシャツやキャミソールをカバンの中にしまい、どうせどこにもいけないんだからと、目を閉じて日光浴をする。

すると、近くにいたカメラを持った男達が、僕の事は見えていなかったのか?それともわざとなのか?

従姉達の会話をしだす。

男A「今いた女の子二人、スゲーちちデカかったよな?」

男B「そうそう!特にピンクのビキニでいたあの子!かなりビキニが小さいのか?それとも男を誘ってるのか?少し動くだけでビキニからはみ出しそうだったよな!」

男A「そうそう、あんな爆乳ビキニで海岸いたら、ナンパは間違いないし、カメラで狙えば、おっぱいポロ◯も間違いないなぁ!」

男B「だな!お前はどっちとやりたい?」

男A「やっぱりピンクだけど、黒ビキニのおっぱいも捨てがたいなぁ!」

男B「お前は欲張りだな!どっちがいいんだよ~」

男A「ん~俺よりお前はどっちだよ?」

男B「やっぱりピンク!と言いたいけど、あの黒ビキニのおっぱいと顔は、俺にビンゴだから!俺は黒ビキニ」

男A「なら、俺はピンクビキニだな!早く追いかけて、決定的瞬間をカメラに納めて、それを元にあの二人に近づいて、おっぱいポロ◯で見えてたんだから、俺達に生まれたままの姿見せてよ~って感じで」

男B「もし断ったら、このおっぱいポロ◯を顔と一緒にSNSに載せちゃうよ~って!言えば、おっぱいどころか、一発いや朝まで何発もやれて、朝にはヤり逃げしたらいいんだよな?」

男A「お前も悪魔だな!未成年だったらどうする?妊娠とかヤバいんだけど!」

男B「逃げれば妊娠してもわかんないし、第一気持ちよくなりたい、ヤり友見つけに来たんだろう?」

男A「確かに、車で真っ裸にして逃げられないようにして、ごうかんかぁ~楽しみだな!」

男B「なら、早く追いかけて探して来ないと」

男A「顔見たか?もしブスならちんこ萎むなあ!」

男B「もし不細工なら、顔はタオルとかで隠して、胸に挟んだパイズリや生挿入して、顔見なければ、三発は余裕でいけますから!」

男A「行くぞ」

そんな会話を聞いてしまったら、どうすれば良いのか?連絡手段がないから、注意の仕様がない。

男二人の会話に我わを忘れて、股間が更に大きくなる。

で、その頃従姉達は、海をひたすら泳ぎ、港のように作られた防波堤を抜け、まわりに何もなくなる寸前の海迄泳いでいた。

近くにテトラポットがいくつもあり、そこを登ると、大きな芝生と言うか?草原のような草っパラになった部分があり、そこでくつろいでいる!

「ここすごいね~なんか砂浜より寝っころびやすいし、芝生の場所には、砂浜の方から来られないように?高い堤防で遮断されているから、テトラポットのある海からじゃないと、私達の姿が見えないよね」

従姉「そうそう、だからかな?この芝生に来る迄に、コンドームとかいっぱい捨ててあったよね?」

「誰にも知られていない場所だから、カップルが我慢できずに、ここで交尾して、ゴム捨てて帰るんだね」

従姉「でもさぁ~この場所いきなりきて知ったなら、水泳中にここで交尾しますって!ゴム持参で泳いで来ないでしょう?」

「そうだね?ここに何度か来たカップルしか、ゴム持参で泳いで来ないよね」

従姉「初めてきたなら、生で 挿入、アンアンウンウン!だよね~」

「じゃ私達は、交尾しない分裸になって、日焼けしようよ~」

従姉「えっ?裸?それはまずいでしょ!いくら誰も来ない穴場の場所だからって、裸で日焼けしてて、もし男達がきたら、間違いなく私達はごうかんされて妊娠されられるかもよ!」

「そっか!だよね~なら、ビキニの上だけ外して、おっぱいのまわりに水着の跡が残らないように焼こうよ~それならいいでしょ?もし男達が来ても、すぐにビキニ着ければ、おっぱい見られる事もないし、ごうかんもされないでしょう?」

従姉「そうだけど~なんか恥ずかしくない?」

「何言ってんのよ!あんなに厨房のひろ君に、エロガキとかちんこ大きくして~とか言ってる人が、ビキニだけ外した裸が恥ずかしとか?何照れてるのよ!」

従姉「それとこれとは違うでしょう?うちらの爆乳をビキニ外して出して、日焼けしようとか!ヤバいって」

「なら真姫はそのまま日焼けしたらいいじゃん!うちはビキニ外して、おっぱい出して日焼けするから」

従姉「わかったわよ!も~舞は強引なんだから、何かあっても知らないからね~」

「何かって、その時は真姫も一緒にどうにかなってるわよ~」

そう言っている間に、舞はビキニを外して、強烈な爆乳をポロ◯。

続いて真姫もビキニを外して、これまた爆乳をポロ◯!

従姉「なんか半裸で日焼けって、緊張するけど、気持ちいい感じがする~」

「でしょう!やっぱりやって正解よ~」

従姉「舞またおっぱい大きくなった?すごく大きく見えるけど~」

「わかる?またワンサイズ大きくなったのかな?」

従姉「へ~で何カップ?」

「はっきりわかんないけど~Hカップかな~(笑)真姫は?」

従姉「H~すごい~下着探すの大変でしょ?やっぱり通販とかの大きめサイズのショップでしょ?」

「そうだね!通販が多いけど、国産メーカーのブラも大きめサイズが多くなってきたから、お店を通った時に一応見てまわる事にしてるんだ(笑)試着は無理でも、店員さんに採寸してもらえて、新たな発見があるかもしれないから」

従姉「私はG~Hカップになるところかな~」

「何よ~!G~Hになるところって!ならHカップね~同じだ~(笑)」

と、小一時間会話や昼寝をし、日焼けを楽しむ二人。

そこへジェットスキーの近づいてくる音が。

従姉「ヤバい!半裸見られちゃうよ~」

「落ち着いて、ゆっくりビキニつけれはいいんだからね!」

従姉「舞いやに落ち着いてるけど、いつもこんな半裸生活してるわけ?」

「違うわよ~慌てたって、ろくな結果にならないから、落ち着いて対処してるだけよ~」

従姉「なんか慣れた手つきで言うから、舞は毎日半裸生活してるのかと(笑)」

そうこうしているうちに、ジェットスキーは防波堤の直前で方向転換して、砂浜の方に向かって行った。

「そろそろ海岸にあるシートの場所に戻ろうか?」

従姉「そうだね!時間はわかんないけど、ひろ君一人に荷物番や場所番させてたから、ひろ君も解放させてあげるか~(笑)」

「そうそう!ひろ君股間膨らまして、待ってるかもよ~」

従姉「なら、一人で処理させてあげないと、毒だよね(笑)」

「あはは!なんなら私がひろ君の童貞もらってあげてもいいけど~(笑)」

従姉「残念~厨房のくせに、私の友達と経験済で、もう童貞じゃないから!」

「えっ?厨房が女子K生と交尾って!その友達から聞いたの?」

従姉「そうそう、ひろ君の童貞いただきましたって(笑)」

「残念~童貞キラーの私より先に童貞食べて~うらやましい(笑)」

従姉「うらやましいわけないし、ただの遊びでしょ?」

「遊びでも、なかなか二歳上のお姉さんに筆下ろしって、いい経験して~」

従姉「まあいいから戻ろう」

テトラポットをおりて、海に入って海岸に戻ると、シートで爆睡してるひろ君が。

従姉「ひろ君ひろ君起きなさい!」

「あっ、お姉ちゃん!無事だったんだね?」

「何が無事なの?まだ寝ぼけてるわねひろ君」

従姉「そうそう、股間もかなり膨らんでるし、綺麗なお姉さんの爆乳か巨乳おっぱい見て、寝てたんでしょう!」

「違うよ~股間が膨らんでるのは、男なら誰でもある事!朝立と同じだよ!」

と、先程のカメラ男の話をする。

「なんてひどい男!そんなやつは警察に通報して、ニュースになればいいのよ!」

従姉「ニュースはいいけど、警察には通報だね!携帯で電話して、警戒してくれるのかな?」

「しないなら、ニュースに売るわよ~情報提供者として(笑)」

従姉「あんたはそればっかり!近くの交番か警察署、と音声検索」

「ある?わかんないなら110番した方が早いわよ」

従姉「大丈夫出たから!もしもし警察でしょうか?◯◯海岸の浜辺で、私服にカメラを持った不信な男二人が盗撮かそれ以上の事をやろうと話をしていました。危険なので警戒してもらえますか~」

警察「了解いたしました。貴重な情報ありがとうございます。近くの派出所か交番から警戒するように、海岸に向かわせます。他に何か不審者情報はありませんか?」

従姉「不審者とは違うかもですけど、海岸で花火か爆竹鳴らしてる学生かな?見ました」

警察「ありがとうございます。ではあなた達も気をつけてください!」

従姉「わかりました。何かあれば、大声をあげて、ガードマンか警察の人呼びます。」

一通りの電話が終わると、二人はシートに横になり、ジュースを飲んだり会話を初める。

従姉「ひろ君これからはあなたが自由に使える時間だから、好きな場所行ってもいいからね!我慢できないなら、海の家のトイレで一発出してから!(笑)行動しなさい」

「えっ!何でそうなるかな?お姉ちゃん達は着替えないの?」

「車で着替えるか?海の家のトイレで着替えるから、心配しないでいいわよ」

「車って、あの車じゃ丸見えで、着替えなんて無理だよ!」

従姉「なら海の家行くから」

「ふ~ん!なら散策とか散歩してくる~」

従姉「海に来てるのに、わざわざ泳がないで、散歩や散策もないでしょう?」

「泳ぐよ~遊びにきたんだから」

従姉「ならいいけど、危ない場所には行かない!何かあれば大声で助けを求める!いいわね?」

「わかりました。じゃ行ってきま~す」

僕は舞さん達が言ってた、車で着替えって!もしかしたら、他にもたくさんいるかも?と思い駐車場でなおかつ人の少ない周りを草木に囲まれた場所にある車を探す!

すると一台のミニバンが止まっていて、トランクルームのドアのみが開いていて、トランクルーム側は崖や草木で覆われていて、誰も来られないスペースになっている!

僕はその車の斜め後ろにある、大きなたいぼくに身を潜める。

まさしくビンゴ!車のトランクは荷物置き等のために、フルフラットになっていて、そこに三人の女の子が着替えを初めたところだった。

A美は、白いワンピースを着ていて、背中のファスナーをおろしている。

B美は、キャミソールにミニスカートでキャミソールを脱ぐところだった。

C子は、キャラクターのTシャツに、ズボン姿。

B美のキャミソールが脱ぎ捨てられると、見事なおっぱいを包む青いブラが見える。

そしてB美はブラを外してブラを下に落とすと、おっぱい丸出しのまま、ジュースを飲んだり会話をしている!

会話の内容はわからないが、B美の爆乳がぷるぷると揺れる!推定Fカップかな?

B美はそのままミニスカートも脱ぎ捨て、ブラと同じ青いパンツを披露。

そのままパンツも脱ぎ捨て、真っ裸のまま会話をする!

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


Online porn video at mobile phone